子育て

中学生必見!通学用自転車の選び方とおススメは?

中学校への入学準備で大変だったのが自転車選び。

中学になると毎日の登校に自転車を使われるご家庭も多いのではないでしょうか。

自転車を買うといっても値段や種類もたくさんありどのような自転車を選べばよいのかも迷いますよね。

我が家でも息子の中学入学時に自転車を購入しましたが、中学準備の中で自転車選びが1番大変でした。
また早めに購入しないと売り切れてしまってかなり待たされることもあるのであまり悩んでばかりもいられません。

自転車選びで困ったこと、購入したポイントをまとめてみました。

どんな自転車を選ぶ?自転車選びのポイントは?


自転車は一般的にママチャリと呼ばれるシティサイクルと、通学用の自転車がありますが選ぶときには通学用の自転車をお勧めします。

特に中高6年間自転車に乗る予定ならカゴやフレームがしっかりとした作りの通学用自転車がおすすめです。

シティサイクルと通学用自転車の違いは?

シティサイクルはフレームが軽く、価格も1~2万円台で購入できる自転車が多いです。
乗りつぶしたら買い替えるぐらいの気持ちで購入するのなら良いと思いますが、長く使う場合にはあまり向きません。

通学用の自転車は、長期間使うことを想定して作ってあるのでフレームが強くさびにくい自転車が多いです。メンテナンスさえ怠らなければ長期間使用することができます。

自転車のサイズ選び方は?

身長とサイズのバランスを見て選ぶのが一般的ですですが、できるなら実際にサドルにまたがって決めるのがおすすめです。
中学生と言えば成長期なので、身長が伸びるかもしれないので大きめのサイズが欲しいと思うところですが安全に使ってもらうために適正なサイズの自転車を選びましょう。
サドルにまたがった状態で両足の爪先が地面に付くのが理想です。

身長と自転車のサイズの目安
140cm~150cm 26インチ
150cm~160cm 27インチ
160cm~170cm 28インチ

とはいえ、小学生の時は身長が伸びてなくて小さい子どもさんも多いですよね!

ニコ
ニコ
うちの息子はチビっ子で自転車購入時141cmしかなかったのでお店で相談したよ!

サドルにまたがった状態で片足がつけれれば大丈夫とのことで26インチを選びました。

カゴと荷台の選び方は

中学生になるととにかく荷物が多くて重いです。通常の授業の教科書や勉強道具だけでなく部活の用具なども毎日持ち帰りすることが多いです。
荷物を固定できるしっかりした荷台と大きめのカゴがある自転車をお勧めします。

ライトはどんなライトが便利?

ライトには「バッテリー」「ダイナモライト」「オートライト」などがありますが選ぶならオートライトになっているものが便利です。
部活などで暗くなってから帰ることが多い中学生。うっかりつけ忘れや、めんどくさがってつけないなどということもあるので暗くなったら自動で点灯する安全なオートライトがお勧めです。

タイヤについて

パンクに強いタイヤを選びましょう。
ノーマルタイヤでパンクして重い荷物を載せて押しながら帰ってくるのは大変です。
耐パンクタイヤやノーパンクタイヤがお勧めです。

学校の指定にあった自転車を選ぼう

学校によっては自転車の色やスタンドに指定がある場合もありますので必ず確認してから購入しましょう。
学校説明会が終わってから購入するか、早めに購入したいなら先輩に確認するのが安心です。

ニコ
ニコ
うちは色の指定はなかったけどスタンドは両足スタンドの指定があったよ!

自転車の購入場所のおススメは?


自転車を購入する場合は、ネットで購入するのと実店舗で購入するのではどちらが良いのでしょうか。
店舗で購入するより、ネットから自転車を購入するほうが安く購入できることもあります。
安い商品ではないので少しでも安く購入できれば嬉しいのが親の本音ですが、ネットで購入することに不安もありますよね。
ネットと実店舗で購入する際のメリットデメリットについて挙げてみました。

ネット店舗での購入のメリット、デメリット

ネット店舗で購入する際のメリットは、たくさんの自転車の中から自分の気に入った自転車を選ぶことができることと実店舗で購入するより安く購入することができることです。

デメリットとしては、配送された時のごみの処分が大変なことと、購入後のケアに不安があるなどです。

実店舗での購入のメリットとデメリット

実店舗で購入する場合のメリットは、実際に自転車を見てから選ぶことができるので安心して購入することができます。
また購入後のアフターケアもしっかりとしている場合が多いので安心です。

デメリットとしては、ネットで購入するより価格が高いことです。

ネットで購入して実店舗で受け取れる「あさひ」が最強

ネットと実店舗の良いとこ取りができるのが、「サイクルベースあさひ」です。
「サイクルベースあさひ」は全国展開している自転車ショップですがネットでも自転車を販売しています。
店舗のオンラインショップだけでなく、楽天やYahoo!にもショップがあるのでポイントを付けることもできます。

実店舗よりネットのほうが安く販売しているので、ネットで購入して店舗で受け取りをするのがおススメです。
届いた時の点検や、パーツの組み立て、自転車を使用する際の注意点も説明してくれるので安心です。

ニコ
ニコ
実店舗で試乗して、ネットで購入、実店舗で受け取ったよ!

中学生におススメの自転車は?

3年間の盗難補償と6年間のフレーム保証があるブリジストンの自転車がおススメです。
有名なのはアルベルトですが、ほかにも女の子向けの自転車や低価格で高品質な自転車もあります。

【ブリジストン】アルベルトロイヤル

長距離通学をする人におススメのアルベルトロイヤル。
アルミ製のタフフレームなので軽くて頑丈な作りになっています。
タイヤの空気が減ったを目で見て確認できる「空気ミハル君」つき

【ブリジストン】アルベルト

ブリジストンの通学自転車で定番と言えばアルベルト。
ロイヤルとの違いは、「空気ミハル君」と「スマートコントロールブレーキ」の違いだけです。
豆に空気のチェックができて、雨の日に乗ることが少ないのであればアルベルトで充分でしょう。

【キャッシュレス5%還元】【1都3県送料2700円より(注文後修正)】【2020モデル】[アルベルトファイブ]L型(AB75LT)27インチ 5段変速ALBELTBRIDGESTONE(ブリヂストン)お買い物・通学自転車【送料プランA】

ニコ
ニコ
我が家はアルベルトを購入!転んだりもしてるけどフレームやカゴが曲がったりしないよ!

まとめ

自転車の選び方のポイントや購入の仕方についてはいかがだったでしょうか?
お気に入りの自転車を見つけて快適な自転車通学ができますように!

こちらの記事もおすすめ!