子育て

中学生にスマホは必要?メリット・デメリットを母親目線で比較

こんばんは。
ニコニー(@niko_gutaratuma)です。

3月になり中学入学を控えたお家では、子供とスマホが必要かどうかの論争を
親子でされているのではないでしょうか?
我が家でも去年そうでした。

『早くから持たせるとトラブルに巻き込まれるのでは?』
『スマホばっかり触って会話がなくなったりゲームばかりになるのでは?』
他にも色々と不安も多いと思います。

スマホを持たせることのメリットデメリットについてまとめてみました。
持たせた場合のルール作りについてもまとめているので参考にしてみてください。

中学生にスマホを持たせるメリットは?

まずは中学生にスマホを持たせるメリットから見ていきたいと思います。

メリット1 子供の居場所が分かる

中学生になると、子供の行動範囲もぐんと広くなります。
今までは子供だけで遊びに行かなかったような距離でも遊びに行ったりします。

そういう時もスマホがあればGPSで居場所も分かるので安心です。
子供の行動に制限ばかりはできませんが、どこにいるのかわかるだけでも安心しますよね。

メリット2 学校や部活の連絡ができる

今はスマホを持っている子供が多いので、うっかりお知らせをなくしたり
連絡帳に記載漏れがあっても、ラインで確認すれば教えてもらえたりします。

部活の連絡も急なことはラインでお知らせがきたりするので連絡手段としても便利です。

メリット3 家族の連絡を共有できる

家族でライングループをつくることで、情報や予定の共有がしやすいです。
ちょっとしたことでもラインを送りあったりして家族のコミュニケーションのツールにもなります。

中学生にスマホを持たせるデメリット

デメリットとしてはどういったことが挙げらるでしょうか?

デメリット1 トラブルに巻き込まれる

ラインでやSNSでのトラブルに巻き込まれる可能性があります。
特にラインではグループに招待されているうちに、知らない人とも繋がってしまう可能性があります。

デメリット2 スマホばかりで勉強しない

親の私たちでも、暇があればスマホを触ってしまうのに
子供にこれを自制しろというのは難しいことだと思います。

スマホを持ったばかりの子供が夢中になるのは当然です。
でも、スマホを持たせたばかりに成績が下がってしまったり
親子喧嘩の原因になるのも困りますよね。

デメリットはルールを決めることで解消できます。

中学生のスマホ問題。デメリットの解消方法とルール作り

では、デメリットを解消できるルール作りはどのようにしたら良いのでしょうか?

ルール1 SNSを使用するルールを決める

ラインは便利なツールです。
学校でもクラス、学年、部活のグループなどたくさんあり、次々できて招待されますが

顔を知らない人がいるグループには入らない
自分が書かれて嫌なことは書かない
迷うときは親に相談する

この3つをルールにすることで概ね解消します。

ルール2 使う時間を決める

スマホを1日に使える時間を決めることで解消されます。
時間決めても守らないのではと心配もあるかもしれませんが
スマホによっては時間でロックをかけてしまえるものもあるので活用すると便利です。

また、自分の部屋には持ち込まない。○時以降は触らない。テスト前には預かるなども有効です。

ちなみに我が家では
全てのアプリに30分以上使えないようにロックがかかっています。
ゲームアプリは常時ロックしてあるので、1日の勉強が時間までに終わった時のみ時間制限を解除しています。

まとめ

いかがだったでしょうか?
スマホはまだ早いだけで子供を納得させるのは難しいと思います。
子供だけの社会もあるので親も子供も納得したうえでスマホを持つ、持たないを決めるのが一番です。

いずれは持たすこととになるなら、きちんとルールを明確にして
使いこなせるようになるのも良いかもしれませんね!

こちらの記事もおすすめ!